正しい洗顔の仕方

肌を清潔に保つことは、美容の基本の基本です
洗顔をいいかげんにしていては、美しい素肌などありえません。

洗顔が正しくおこなわれていないと、酸化した皮脂や汚れが取れず、
肌トラブルを引き起こしかねません。
毛穴の汚れなどは、ニキビなどのトラブルの原因ともなりますし、
きちんと汚れが落ちていないと、美容液や化粧水の浸透も悪くなります。

しかし、外的刺激から肌を守ってくれる必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまうと、
乾燥を引き起こすなど、別の肌トラブルの原因ともなります。

意外と自己流でおこなってしまいがちなのが洗顔です。
正しい洗顔方法を身につけると、肌トラブルが解消することもあります。

毎日欠かすことのできない洗顔では、正しい方法を身につけましょう。

正しい洗顔の仕方

1.まずは、髪を気にすることがないようヘアバンドやターバンで髪をとめましょう。
髪が顔にかかっていると、洗い残しの原因ともなります。

2.次に手を洗います。
洗顔をするときに雑菌などがつくことのないように、しっかり手を洗いましょう。

3.準備ができたら、ぬるま湯で顔を素洗いします。
乾いた顔にいきなり洗顔料をつけると肌の負担になります。
洗顔は、人肌程度のぬるま湯で行います。(32℃というのがもっとも適した温度です。)

皮脂が皮脂腺から顔表面に溶け出す温度は30℃と言われていますので、
32℃のぬるま湯で洗うと、顔の表面に浮き出た皮脂を洗い落とすことができます。

肌は温めると毛穴がしっかり開くので、汚れ落ちがスムーズになります。
時間に余裕があるときは、蒸しタオル(しぼったタオルを電子レンジで温めるか、熱めのお湯でしぼったタオルでOKです。)をしばらく顔に乗せて、毛穴を開かせましょう。

4.洗顔料は、十分に泡立てることが大切です。
キメの細かい泡を作りましょう。
固形洗顔料は、泡立てネットを使うと美しい泡が作れます。
洗顔料の泡は、肌に負担をかけないためにも、とても大切です。

5.顔の表面で泡をころがすように優しく洗います。
泡で洗うようにして、あくまで優しく、こすり過ぎないことが大変大切です。

ごしごし洗うと、肌に負担がかかり、肌を傷つけたり、余分な皮脂の分泌で毛穴トラブルが起こったりしかねません。
ちゃんと作ったきめ細かい泡は、力を入れなくても汚れを落としてくれます。

皮脂を過剰に取ってしまうと、肌の乾燥を招くのはもちろんですが、
肌を外的刺激から守ろうとして、角質が厚くなり、ニキビなどのトラブルを引き起こすこともあります。

6.すすぎもぬるま湯で十分に行いましょう。
同様に、肌をこすることは避けて下さい。
手で顔にぬるま湯をかけるような感じです。

すすぎ残しは肌トラブルの原因となります。たっぷりのお湯を使ってすすぎましょう。
特に、すすぎ残しがおきやすい髪の生え際やあごなどは注意しましょう。

7.最後にタオルで抑えるように優しく水分をふき取ります。
ここでも、こすらないように優しくタオルを使います。