進む自動車のIT化

車管理

皆さんは、現在自動車のIT化が急速に進んでいるのをご存知でしょうか。
GPS機能や通信機能を備えたコンピューターなどを自動車に搭載する事で、車両の位置情報や運行状況などを自動で記録し、外部のデーターセンターにリアルタイムで送受信する技術です。
これはテレマティクスと言われる技術です。
言葉自体は、テレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)を合わせた造語です。
現在企業は、自社が持つ商業車へこの技術の導入を進めています。

商業車へ導入する理由 
企業は、経済活動を安全かつ効率的に進めるため様々なものを管理しています。
事務用品の様な小さな物から、建物や敷地といった大きな物まであります。
その中で特に管理が難しいのが自動車です。
自動車は人が運転し移動するからです。
自動車は移動してしまえば管理者の目が届かなくなり、どのように使用されているか把握が難しくなります。
使用者が法律に違反した運転をする事や、事故などを起こす確率も増えます。
自社や社会にも大きな損害を与えるリスクを持っています。
しかし、テレマティクスの技術を導入する事によって、位置情報から車両管理が容易になるため、企業はリスクを減らす事が出来るからです。

具体的なサービス
テレマティクスサービスには様々なものがあります。
そのうちの一つが、速度超過や急加速・急減速といった危険挙動などの発生時に、自動でドライバーに警告し安全運転(エコ運転になり燃料費削減になる)を促し、法規遵守させるようにするものです。
テレマティクスの技術で、自動的に走行距離・走行時間・停車位置などの位置情報を運転履歴として記録するため、ドライバーの行動も全て管理できるものもあります。
テレマティクスの恩恵はドライバーにもあります。
従来のような日々の運行履歴などの記入や燃料費の計算など事務手続きから解放されます。
それにより業務に専念する事が出来るので作業効率も上がります。

車載情報システム 

車載テレビナビ

自動車に通信機能やGPS機能を備えた車載機を搭載することで、外部のコンピューターとインターネットで繋がります。
ネットワークシステムに繋がることにより、位置情報や運行情報といった車両データを外部のコンピューターと共有する事が出来ます。
様々な情報が送受信可能で、自動車の位置情報に合わせたサービスが受けられます。
商業車では、運転者や車両ごとに位置情報を把握し、走行ルート・走行距離などの運転実績や、急加速・急減速・アイドリング超過などのイベント情報を管理出来ます。
そのため、企業の車両管理に活用されています。

様々なサービス
一般ユーザーが受けられるサービスも沢山あります。
インターネットを利用した電子メールの送受信や、位置情報によるナビゲーションシステムなどです。
また、カーナビの地図更新・天気予報・リアルタイムな渋滞情報の受信もあります。
車両が盗難された場合の追跡や、事故や故障などのトラブルに遭った際に、保険会社や修理工場などに自動的に連絡するサービスもあります。
実用化されて間もない為、独自サービスを行っている場合が多いですが、将来的には高度道路交通システムの一翼を担うものとして期待されています。

テレマティクスとは
テレマティクスとは、電気的に映像・音声・文字などの信号を伝える通信技術のテレコミュニケーション(telecommunication)と、情報のデータ処理や管理・情報知識の統合、概念的または理論的な情報の統合といった事柄を研究する分野の名称であるインフォマティクス(informatics)を組み合わせた造語です。
現在は単に「テレマティクス」と言った場合、自動車向けの次世代情報提供サービスを指すことが多いです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031